スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパスの解釈

2010/12/13 12:51
101201.jpg

新ルールの解釈についてたまに質問される事があり、僕自身誤解していたルールがあるのでこちらに記載しておきます。

キーパーへのバックパスについて

キーパーからリリースされたボールは相手選手が触れるまで再びキーパーは触れる事はできません。
但し、次のような場合にはバックパスが適用されないそうです。

相手選手がシュート→キーパーがキャッチできずに手や体に当たりボールが弾かれる。→そのボールが味方選手に当たり下に落ちる。→キーパー慌ててクリアー、又はキャッチ。

理論的にはバックパス違反になる状況です。
しかし、上記のようにキーパーが意図的にパスを出した訳ではない場合、相手選手が触れる前に再びキーパーが触れてもバックパスにはならないそうです。

意図的にパスを出したかそうでないかを判断するのは審判です。
又、キーパーが弾いたボールを味方選手が意図的にキーパーへパスした場合、当然ですがキーパーは手で扱う事はできません。

ちょっと審判にはややこしくて、素早い判断が求められそうな場面ですが、ゆっくりでもいいので頑張っていきましょう。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。